理系男子のテクニカルFX投資日記

理系男子がテクニカル分析を駆使してFX投資にチャレンジします。 『損切りは冷静に』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理系男子の風邪

季節の変わり目恒例、風邪でございます。

実は理系男子は体が弱いのですよ。
いろんなスポーツをやっていたので外見はがっちり系なのですが、
内部からの攻撃に弱いのです。
そんなわけで季節の変わり目にはよく風邪をひくのであります。

そんな体調不良の中、
先日はアメリカの雇用統計が発表されました。
結果は予想よりいい数字でドル買いが進み円安になりましたね。

私は布団の中でドル-円のチャートをにらみつつ、
ちょっとギャンブル気分で買いでエントリーしていましたので、
少しばかりの利益を得ることができました。
ですが、
体調がよくて頭もよく回っていたらエントリーしなかったかもしれません。
テクニカル的にはどちらの方向に行くかわかりにくい状況でしたので。

投資には体調管理も重要であるとあらためて感じました。
反省。

スポンサーサイト

理系男子の異動

ちょっとした異動になりまして、
同じ社内でも働く建物が変わったら文化が全然違うのであります。

新しい職場でも投資仲間が見つかりますように。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

理系男子の久々のテクニカル

久しぶりにチャートを載せてみました。
だってこのブログは理系男子のテクニカルFXですからね。

下の図は米ドル-円の週足チャートです。(2013/10/24時点)
chart_20131024.png

上値の支持線と下値の支持線が三角形を作るように収束してきていますね。
これが「三角持ち合い」という状態です。

この図のような綺麗な三角形になっているということは、
今後、上に行くのか下に行くのか、わかりにくい状態です。
何かをきっかけにどちらかの方向に大きく動いていくことも考えられますので、
このような状態の現在は私はあまりポジションを持たないようにしています。

また、このチャートでは見えていませんが、
100日や200日の移動平均線がチャートの下に右上がりで来ていますので、
それに支持されて上に抜ける、すなわち円安の方向に動くとも考えられますし、
その移動平均線に当たるところまで一旦下に落ちる、すなわち円高になるとも考えられます。

はたしてどちらに動くのか?
テクニカル分析だけではなくファンダメンタルも気にしつつ取引をしていきましょう。

----------
投資判断は自己責任で。

テーマ:★テクニカル分析 - ジャンル:株式・投資・マネー

理系男子のFOMC

FOMCの日は相性が悪いのか、
いつもトレードの調子が悪いのです。

今夜は一気に相場が爆発する可能性もありますが、
そっとPCを閉じて眠りにつくのです。

理系男子のオリンピック

2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まりました。
招致活動に携わっていた方々の努力に感謝します。
おめでとうございます。

安倍総理もおっしゃっていましたが、
この東京オリンピックを契機にデフレを脱却し、
経済だけでなく様々な分野で強い日本を取り戻すことを期待しましょう。
そして私の給料も上がりますように!(ー人ー)

この東京オリンピックの決定で
しばらく滞っていた株価や為替も壁を突破するかもしれませんね。
資金がある方は月曜の朝に全力で突っ込みましょう、自己責任で。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。